HOME お役立ちコラム 【成功サロンさまの体験記】毎年立てた目標が達成できない理由
お役立ちコラム

【成功サロンさまの体験記】毎年立てた目標が達成できない理由

どうも、川畠です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

また一年が始まって、新たに目標を立てることが多い時期だと思いますが、

最初はやる気マンマンで
「今年は○○を達成するぞ!」って意気込んでみたものの、

3ヶ月、半年たつと、いつの間にかその目標も忘れてなんとなく同じ毎日のくり返し・・・

そんな経験はありませんか?

ちなみに僕は今までそんな感じで、気が付けば年末、「あ~今年もなんとなく終わったなぁ」なんて

そんなくり返しでした。

こうなってしまうとなかなか毎日の仕事もマンネリしてしまったり、モチベーションが上がりづらいんですよね。
目標を持つことはとても大切なんですけど、ただ単純に「売上100万!」とか「年商1200万円達成するぞ!」って言っても気持ちを持続させることって難しいですよね。

そうならないためにも、目標の上に『目的』を持つことがオススメです。

つまり、

「なんの為にその目標を達成するのか?」

っていう動機だったり、理由を明確にすること。

『目に見える自分の目標を達成すること(売上など)で、自分以外の他者に対してどんなことを与えられるのか?』

という自分以外の人への目的を持つと、モチベーションも持続しやすくなります。

たとえば、

  • 家族が安心して生活できるようになる
  • 親を旅行に連れていってあげることができる
  • お客さまにもっと還元できようになる

みたいな自分以外の人に与える内発的動機づけがあると人はモチベーションを持続させながら行動し続けやすくなると言われています。どうしても数字の目標だけを追いかけていると、”やらされてる感”が強くなって、前向きな行動を続けることが難しくなります。

まぁ正直、目標は数字じゃなくても何でもいいんですけど、それを達成したあとに得られる『目的』っていうものを考えてみてください。

そして、

考えるだけだと人は忘れてしまう生き物なので、必ず紙に書いて常に目に見えるところに貼っておく。

スマホの待ち受けやパソコンのデスクトップに貼り付けてもいいですね。そうやって常にその目的と目標を見失わないように頭に刷り込むと、不思議と人ってそれに向けた行動を取るようになりますから。ぜひぜひこの年始めに新しい「目標」とセットで『目的』も考えてみてくださいね。

▶アンバサダー川畠代表に直接LINEできる相談窓口はコチラから

ムーランエムーラン アンバサダー
abelia 京都府向日市
代表/川畠 清貴(カワバタ キヨタカ)

オープンから7年、プライベートサロンとして月売上60万円で頭打ちとなる。小規模サロンのマーケティング戦略を研究、5,000枚で20件の新規を獲得する折込みチラシなど独自の集客ノウハウを構築し、1年で月100万円を達成(2016年)。その後、予約の取れないサロンに。2017年に月120万円、2018年には月140万円、2019年には月160万円を超え、12月の売上は2年連続200万円達成。
line facebook

【PR】アンバサダー川畠代表が武器としている商品はコチラ


Tag: