美容師さんが手荒れしないためのハンドケア方法

手荒れを予防する3つのアプローチ

サロンワーク中は手袋を着用

手荒れの原因となる刺激に触れないようにすることが重要です。

  • 薬剤やシャンプー・水など
  • ドライヤーの熱風
  • ドライ時の摩擦
▲上に戻る

手肌に優しいシャンプーや薬剤を使用

万が一、手袋をつけ忘れた場合やシャンプーに触れてしまうことを想定して、手肌に優しいシャンプーや薬剤を選択することも、手荒れの予防につながります。

例えば、ムーランエムーランの場合ですと、業務用シャンプーとしては『ベースクリーンシャンプー S』などがオススメです。

▲上に戻る

サロンワーク中もハンドクリームで保護

ハンドクリームをこまめにつけることで、手荒れの原因となる刺激から守ることが効果的です。ハンドケアは「乾燥を感じる前」に、こまめに行うのがおすすめです。

特に刺激を受けやすい美容師さんにオススメのハンドケアとしては、ハンドクリームを指の間や手首~腕の内側まで伸ばすことが大切です。


▲上に戻る

美容師さんの「声」から生まれたハンドクリーム

▶#ハンズマインドプロジェクトTOPに戻る