HOME 使いこなし術 『もっとキレイ』ダメージを毎回抑えてリセット!「ケミカルメンテナンスカラー」提案
使いこなし術

『もっとキレイ』ダメージを毎回抑えてリセット!「ケミカルメンテナンスカラー」提案

『もっとキレイ』ダメージを毎回抑えてリセット!「ケミカルメンテナンスカラー」提案

ヘアカラーを繰り返すことで起こる髪と頭皮へのケミカルダメージの蓄積。お客さまの美しい髪&健やかな頭皮を維持するには、毎回のダメージを「抑える」・「リセットする」ことが大切です。気温や湿度の低下で、髪のダメージや頭皮への刺激が強くなりやすいこの季節こそ、カラーの繰り返しによるケミカルダメージをメンテナンスするメニュー提案で、お客さまの髪の美しさを高めませんか?

 

INDEX

 

ヘアカラーの仕組みとダメージの原因


髪を美しく保つには「ケミカルダメージを抑える・リセットする」ことが大切!

【ケミカルダメージ★豆知識】華麗なる猛獣(アルカリ・過酸化水素)使いになろう!

髪を美しく保つための「ケミカルダメージを抑える・リセットする」5つのポイント

髪が受けるケミカルダメージを3種類の処理剤で抑えてリセットし、髪にダメージを残さないカラーメニュー提案です。

セ・トゥ スキャルプヘルパー
(頭皮保護ローション)pH7.0
うるおいを与え、頭皮を保護する頭皮の美容液。
スーパーヒアルロン酸※配合(保湿) ※アセチルヒアルロン酸Na


セ・トゥ プラスサン α
(事前・中間処理)pH5.4
9種類の成分で髪を補修。事前・中間・事後につかえるオールマイティーなPPT!
ケラチン・コラーゲン・CMC成分配合(全て毛髪補修)



▶セ・トゥ プラスサン α


セ・トゥ マイナスリー
(事後処理)pH4.5
残留アルカリ・残留オキシ・残臭を抑制。ケミカルダメージを抑えます。
カタラーゼ配合

お客さまの実感ポイント

施術中

頭皮のヒリヒリ感が少なくなります

施術直後

手触り、ツヤ、指通りが良くなります

お帰り後

色が長持ち、残臭が少なくなります

「ケミカルメンテナンスカラー」の流れ

▶お客さまにメニューをオススメするためのPOPはコチラ