HOME 使いこなし術 【ヒカリナス リフトベージュ】染まりにくい髪質でもチラ見え白髪をベージュ系に染めるには?
使いこなし術

【ヒカリナス リフトベージュ】染まりにくい髪質でもチラ見え白髪をベージュ系に染めるには?

ネイチャーディープカラー ヒカリナス リフトベージュは、染まりにくい髪質用の「染まり補助剤」です。

9Lvの薬剤に対して5:1で混ぜることで、明度を維持したまま白髪の染まりを高めることができる、便利なコントロールカラーです。

INDEX

ネイチャーディープカラー ヒカリナスとは

ファッションカラーなのに白髪も同時に染まる、赤味の少ないベージュ系カラー。白髪が気になり始めたファーストグレイカラー世代や明るめ・赤味の少ない色味で染めたい方にお薦めです。

白髪10%に染める時のカラーチャート

▲一覧へ戻る

リフトベージュとは

ネイチャーディープカラー ヒカリナスのベージュベースカラーでは、通常のブラウンベースのグレイカラーに比べると、どうしても白髪の染まりは甘くなってしまいます。

特に白髪率が多めのお客さまや染まりにくい髪のお客さまですと、仕上がりが気になることもあるかと思います。

そういったケースでリフトベージュを活用いただきますと、9レベルの明るさやベージュ系の透明感を維持したまま、白髪の染まりを高めることができます。

リフトベージュ使用事例

▲一覧へ戻る

リフトベージュが白髪の染まりを高める仕組み

リフトベージュはリフト力と色素量を両方を高めます。

ネイチャーディープカラー ヒカリナス9Lvに混ぜていただいた時、仕上がりは9レベルを維持します。

▲一覧へ戻る

リフトベージュ使用方法

ネイチャーディープカラー ヒカリナスでベージュ系のカラーに染めたいけども白髪の染まりを高めたい時、

特に染まりにくい髪質の方(髪の太い方、硬い方、撥水毛)に使用します。

希望色の1剤に5;1の割合で混ぜて使用してください。

※リフトベージュを使用しても、9Lv以上には明るくなりません。
※リフトベージュは、刺激につながるため、単色で使用しないでください。

▲一覧へ戻る

リフトベージュを使用した場合の色味の変化

リフトベージュを使用した時でもネイチャーディープカラー ヒカリナスらしい赤みを抑えた発色は維持されます。

ベージュ系の発色が強まるため、わずかにアッシュ味やマット味が抑えられる傾向にあります。

もし、寒色系の色味も強めたい場合は、トリートメントティントBlueやGreenを加えてください。

※リフトベージュはネイチャーディープカラー ヒカリナス専用の補助剤になります。他のカラー剤には使用しないでください。

色素イメージ

アッシュベージュ9Lv(H-ABe9)で染めた時の事例

5:1が推奨比率、3:1は参考情報です。