HOME 使いこなし術 【隠れた名品紹介】たった1つで残留アルカリ・残留オキシ・残臭の3つを抑制できる事後処理剤|セ・トゥ マイナスリー
使いこなし術

【隠れた名品紹介】たった1つで残留アルカリ・残留オキシ・残臭の3つを抑制できる事後処理剤|セ・トゥ マイナスリー

【隠れた名品紹介】たった1つで残留アルカリ・残留オキシ・残臭の3つを抑制できる事後処理剤

あまり日の目を浴びにくい、社員からの人気と注目度が比例しない商品を、広告宣伝 佐野がご紹介。今回は、SHINBIYO12月号で『活性酸素』が取り上げられたことにも合わせて、3つの「残」を抑制する事後処理剤 セ・トゥ マイナスリーです。

【SHINBIYO12月号】活性酸素が注目されています

SHINBIYO12月号の特集「ヘアケア&頭皮ケアの最前線」内で、「活性酸素の基礎知識」の内容が8ページにわたり掲載されていました。内容を簡単にまとめてみました。

活性酸素とは
化学反応が起きやすくなった酸素のこと
過酸化水素(H2O2)も一種だが、カラーやパーマをする上では必要

ヘアカラー・パーマによる影響
2剤中の過酸化水素が、アルカリにより活性酸素に変化し、長時間放置されると髪や頭皮などのたんぱく質や脂質に大きなダメージを与える
※パーマの場合、髪がアルカリに傾いているまま2剤を塗布した際も、活性酸素が発生

頭皮・毛根への影響
残留した活性酸素+紫外線が悪影響のある活性酸素に変化し細胞を攻撃・細胞が減少、頭皮細胞だけでなく、毛母細胞やメラノサイトの活動機能まで低下させ、髪の細毛化、抜け毛、白髪などを伴う

対処法
ヘアカラー:カラー剤が残留しないように、しっかりと洗い流す
パーマ:中間水洗・アフター酸リンスで、アルカリに傾いた髪や頭皮を弱酸性に戻す
共通:酵素成分カタラーゼで活性酸素を除去

【ここがスゴイぞマイナスリー!】残留アルカリ・残留オキシ・残臭を1つで抑制!

▶セ・トゥ マイナスリー>商品情報

最近、注目度の高い「残留アルカリ対策」「残留オキシ対策」。残留アルカリや残留オキシは、上記の『活性酸素』につながります。それに、施術によって残るにおいは、無くせるものなら無くしたい!そんな3つの『残』を1つで抑制できる!それが「セ・トゥ マイナスリー」です★

マイナスリーは剤が若干硬く感じられるかもしれませんが、これによりカタラーゼが安定化し効果を発揮できます。使用時は手のひらの上で2倍程度に伸ばして頭皮から毛先まで塗布します。

こんなお客さまに
カラー・パーマの良い状態を長持ちさせたい
カラー・パーマ後のダメージが気になる
カラー・パーマ数日後のゴワつきダメージが気になる
カラー・パーマ後のニオイが気になる