HOME 使いこなし術 【クセ・うねり対応】仕上がりやツヤをワンランク高めるプレアイロン処理
使いこなし術

【クセ・うねり対応】仕上がりやツヤをワンランク高めるプレアイロン処理

業界誌で話題の、事前にアイロン処理をする『プレアイロン処理』。ストレートフォンデュのボリュームダウンメニュー『ツヤ髪フォンデュ』で検証しました。

▶ストレートフォンデュ>商品情報
.

https://www.m-moulin.co.jp/member/tips/1391/”>▶ストレートフォンデュ>ツヤ髪フォンデュ

ツヤ髪フォンデュメニューの仕上がりをワンランク高めるプレアイロン処理

こんにちは。ムーランエムーラン商品教育課 加藤です。

もうすぐ梅雨ですね。
梅雨になると普段はクセをあまり気になさられていない方も湿気でうねったり、広がったり。
この時期はお手入れがうまくいかずに悩まれる方が増えますね。

でも、縮毛矯正をするほどクセは強くないし、ピンピンにはなるのは嫌だし、傷みも気になるし・・・ということで我慢している方が圧倒的に多い。


そこでムーランエムーランでは、
ストレートフォンデュのノーマルタイプをアイロン無しで施術することで、
毎朝のお手入れを楽にするボリュームダウンメニュー「ツヤ髪フォンデュ」を提案しているのですが・・・

「もう少し伸びを良くしたい」とか、「クセが少し強いと対応しきれない」とか
「もう少しストレート感を求めたい」
という要望をお聞きすることもあります。

そこで、今回はツヤ髪フォンデュメニューのおさまりやツヤをワンランク高めるために、
「経営とサイエンス」4月号(新美容出版社)で特集されていたプレアイロン処理を取り入れて検証してみました。

 

その動画がこちら↓


※施術後、1週間ほどは髪をしっかりと乾かしてから寝るようにアドバイスしてください。

 

【検証】プレアイロン処理〜ウィッグ編〜

事前状態


ツヤ髪フォンデュ プロセス事後(サイド)

 


カーソルを左右に動かしてください。

ツヤ髪フォンデュ プロセス事後(バック)

通常プロセスでおさまりは良くなっていますが、プレアイロン処理を行うことで、おさまりとツヤがワンランク上がります。

 

 

 

【検証】プレアイロン処理〜モニター編〜

事前状態

全体的に広がっており、丸いシルエットになっています。→ネープだけにプレアイロンをしました

 

【検証結果】ネープのふくらみがなくなりすっきりした印象になりました。

 

ハチ下のみにノンアイロンでツヤ髪フォンデュプロセスを行った仕上がりです。
ネープ部分のふくらみがなくなりすっきりした印象になりました。
自然でやわらかく仕上がるのはストレートフォンデュならではですね。(^^)

軟化後のドライ・アイロン施術を行っていないので、縮毛矯正にならず、
今後のカラーやパーマに影響がでにくいのもメリットです。是非参考にしてください。

 

モデル感想

気になってた襟足のうねうねが収まって、朝がびっくりするくらい楽になりました。
スタイリングの時間がないので、クセ対策はいつも短く切る方法で対処してましたが、
これならできなかったボブヘアにも挑戦出来そう!夢が広がりました。