HOME 使いこなし術 【塩基性カラーのデメリットを解消】“NODIA”はカラーチェンジ時にアルカリカラーしても変色しない!
使いこなし術

【塩基性カラーのデメリットを解消】“NODIA”はカラーチェンジ時にアルカリカラーしても変色しない!

髪にやさしく、鮮やかな色とツヤを楽しめる、塩基性カラーの“NODIA”

ブリーチなどで12レベル~くらいに明るくした髪に施術すると、ビビッドな色味に染めることができ、デザインの幅がぐっと広がります。

色の三原色「レッド」「イエロー」「ブルー」に加え、

彩度調整用の「グレイ」、明度調整用(色を薄める)の「クリア

ベース色の「ブラウン」と「ブラック

の計7色を組み合わせて様々な色味を調整することが可能です。

“NODIA”のおすすめポイントの一つは

塩基性カラーをした後のカラーチェンジ時にアルカリカラーを施術しても変色しない

ことです!

例えば、塩基性カラーで施術して、それが薄く褪色した状態で、1か月後に再来店したお客さまにも、いつものように、アルカリカラーで施術しても大丈夫♪

“NODIA”がアルカリカラーの影響を受けていないことを検証してみました!

<検証>塩基性カラーの後にアルカリカラーしても変色しない

まずは特に変色しやすいことで知られている「ブルー」でアルカリカラーの影響を受けないことを検証してみます。

“NODIA”(ブルー)+サポートクリームを10:1でミックスして染色

鮮やかなブルーに染まっています。

そこに下半分だけアルカリカラーを重ねてみます

塩基性カラーの色味の変化を確認しやすいように、アルカリカラーはライトナー※を使用しました。

※ムーランエムーラン トリートメントライトナー14LT

結果はコチラ・・

塩基性カラーのブルーで施術した後にアルカリカラーを重ねるとピンクになる!?ということがよく言われていますが、“NODIA”は

アルカリカラーを重ねても変色していません!!!

ブルー以外も検証してみました


ブルー以外の色味でもアルカリカラーを重ねても変色は起こりませんでした。

実際のケースに近い状況で検証しました

14Lvにブリーチしてノジア(ブルー)で施術後1ヶ月の褪色状態を再現した髪でアルカリカラーの7Lvアッシュを塗布しました

青から変色せずに思った通りのアッシュに!!!

まとめ

“NODIA”はビビッドな色味を楽しめる塩基性カラーであり、アルカリカラーによる変色の影響も起こらないことが確認できました!

7色を自在に混ぜて使用いただけますので、思い通りのデザインカラーでお客さまをワクワクさせてくださいね!