HOME 使いこなし術 【ブリーチを活かしたカラーデザイン】モーブピンク・グレージュ
使いこなし術

【ブリーチを活かしたカラーデザイン】モーブピンク・グレージュ

アッシュやピンク系など、ビビッドなカラーなど、ここ最近はダブルカラーで表現する色合い・デザインの人気が高まっています。ムーランエムーランから操作性と脱色力、そしてコストパフォーマンスに優れたブリーチ剤が発売。ブリーチを活用したデザインをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

ブリーチパウダーを使用したカラーデザイン

ポイントブリーチで動きを楽しむ“モーブピンク”

サイドにウィービングでブリーチし、動きや立体感を出しました。大人の可愛らしさを演出するモーブピンクです。

ブリーチのポイント

分け目から1パネル内側でウィービングすることで、上品さとナチュラル感のあるコントラストを作ります。

カラーレシピ

 

ハイライトを入れた後、ネイチャーディープカラーf  F-7P(ピンク)とネイチャーディープカラーf  F-7A(アッシュ)を5:1で組合せ、全体をカラーリングします。(2剤は4%を使用)

▲一覧へ戻る

 

全頭ブリーチ+塩基性カラーで透明感と色味がキレイな“グレージュ”

塩基性カラーNODIA(ノジア)で作る、透明感と色味がキレイな外国人風のグレージュカラー。

ブリーチのポイント

毛先が明るくなるように、毛先からブリーチ剤を塗り始めると、自然なグラデーションのある仕上がりになります。

カラーレシピ

オレンジ味がなくなる13レベル以上になると、グレイに含まれる青味が残る傾向にあるため、ノジア カラーベースのグレイ:レッド=4:1で青味を打ち消した紫系灰色のベースを作ることがポイントです。このベースを元に、アンダーのレベルに合わせてクリアで3~5倍で調整してください。

より柔らかい印象にしたい場合は、ノジア カラーベースのグレイ:ブラウン=2:1をベースにしてください。

 
今回のレシピは、ノジア カラーベースのグレイ:レッド=4:1に対しクリアを5倍、カラーベース全体量に対してサポートクリームを10%です。

<使用量の例(ショート~ミディアム)>
ノジアカラーベース グレイ12g、ノジアカラーベース レッド3g、ノジアカラーベース クリア75g(5倍)、サポートクリームをカラーベース9g

▲一覧へ戻る