HOME 使いこなし術 【30~40代に好まれる】赤味を抑えたグレイカラー対応
使いこなし術

【30~40代に好まれる】赤味を抑えたグレイカラー対応

ファッションカラーでは寒色系の色味がもはや定番ですが、そういった寒色系のファッションカラーを楽しんできた世代はグレイカラーに切り替わってからも、赤味を抑えた色味や明るさが好まれます。

しかし、赤味を抑えたり、明るさを求めたりするとグレイカラーは白髪の染まりが甘くなる・・・

そこでムーランエムーランでは白髪の染まりと色味のニーズをバランスよく叶えるラインナップをご用意しています。お客さまのニーズに併せて、お使いください!

INDEX

“白髪の染まりを重視”赤味が少なく程よい透明感の『ネイチャーディープカラー グレージュブラウン』

『ネイチャーディープカラー グレージュブラウン』の特長

ネイチャーディープカラーはアルカリを従来のグレイカラーから40%カット(当社比)。ダメージ・刺激・ニオイを抑え、低アルカリでも深く艶やかに染まるので、繰り返し染める方の髪をいたわります。

新色グレージュブラウンは白髪への染まりを維持しつつ、赤味が少なく程よい透明感を楽しんでいただける色味です。

  • 白髪をしっかり染めたい方
  • 赤味の少ない色を好む方(寒色系のファッションカラーを経験してきた世代)
  • 寒色の色味が強いと肌がくすむ

こういったお客さまにおすすめです。

ネイチャーディープカラーについて詳しくはコチラ

『ネイチャーディープカラー グレージュブラウン』の色味や染まり

色味

2種類の青色染料をわずかに配合し、赤味を抑えながらも肌をくすませない大人の肌映えブラウンです。

染まり

白髪が目立つ根元もしっかりカバー。

▲上に戻る

“染まりと明るさのバランスを重視”3系統の寒色系ベージュ『ネイチャーディープカラー ヒカリナス』

ネイチャーディープカラー ヒカリナスの特長

ネイチャーディープカラー ヒカリナスはアルカリを30%カット(当社比)しつつ、赤味をぐっと抑えた透明感のある色味に染めるカラー。

ファッションカラーとしてお使いいただきながら白髪も同時に染まる、アッシュベージュ/マットベージュ/ナチュラルベージュの3系統がラインナップ。

  • 白髪が気になり始めたファーストグレイカラー世代
  • 白髪がまだ少なく、ファッションカラー感覚で染めたい
  • 明るさがほしい

といった方におすすめのカラーです。

“ネイチャーディープカラー ヒカリナス”について詳しくはコチラ

ネイチャーディープカラー ヒカリナスの色味や染まり

色味

赤味の少ない3系統のベージュ系カラーです。

※ネイチャーディープカラー ヒカリナスの中ではナチュラルベージュが一番白髪のカバー力があります。

染まり

アッシュベージュ使用例。明るさを維持しながら白髪をカバー。

ネイチャーディープカラー ヒカリナスの明るさと透明感を維持したいけど、染まりにくい髪質の場合はリフトベージュという染まり補助剤を使用することでカバーできます。

※リフト力と染料を両方高めます。明るさを出すためではなく、リフトさせて染料をしっかり入れることで染まりを高めます。

【ヒカリナス リフトベージュ】染まりにくい髪質でもチラ見え白髪をベージュ系に染めるには?

▲上に戻る

『ネイチャーディープカラー グレージュブラウン』と『ネイチャーディープカラー ヒカリナス』の比較

対象のお客さまの違い

どちらも赤味の少ない色味ですが、染まりや明るさのニーズに併せてご提案ください。

色味の違い

グレイカラーで赤味の少ない色味4系統のカラーチャートです。同じ9Lvでもネイチャーディープカラーヒカリナスの方が明るめに染まります。

※ネイチャーディープカラーはグレージュブラウンの他にナチュラルブラウンとベージュブラウンがありますが、こちらは赤味が少しある色味になります。


各色の色味の違いをサークル上に示すと下記のようになります。

※D-NB(ナチュラルブラウン)、D-BB(ベージュブラウン)はネイチャーディープカラーのカラーラインナップです。

▲上に戻る

『ネイチャーディープカラー グレージュブラウン』と『ネイチャーディープカラー ヒカリナス』トライアルセットのご紹介

『ネイチャーディープカラー グレージュブラウン』

新色のグレージュブラウン3色のトライアルセットです(1サロンさま1回限り)※9/1発売
ヒカリナストライアルセット

 

『ネイチャーディープカラー ヒカリナス』

人気のアッシュベージュ、マットベージュ、そして白髪染めで使用する場合の染まり補助剤リフトベージュが入ったセットです。(1サロンさま1回限り)
ヒカリナストライアルセット

 

▲上に戻る