HOME 使いこなし術 【ブリーチ・カラー・パーマをダメージケアメニューに】進化系トリートメントを徹底解説!
使いこなし術

【ブリーチ・カラー・パーマをダメージケアメニューに】進化系トリートメントを徹底解説!

近年サロントリートメントは大きく進化し、「酸熱系」や「プレックス系」など、新しいアプローチのトリートメントが登場しています。

「プレックス系トリートメント」は、ブリーチ・カラー・パーマの施術工程に組み合わせて使用することで、高い補修レベルが得られ、

メニュートリートメントよりも簡単で、処理剤よりも効果が期待できることで注目されています。

ムーランエムーランからも2020年11月2日にプレックス系トリートメントにあたる“トリートメントKPX”が発売!

これまでのプレックス系トリートメントのデメリットも解消した商品ですので、ぜひご検討ください!

トライアルセットのご購入はコチラから

INDEX

ブリーチ・カラー・パーマの施術内でダメージを補修

プレックス系トリートメントはブリーチ・カラー・ストレートやウェーブパーマの施術工程に組み合わせて使用し、髪の骨組みとなる内部の結合からダメージを補修。追加時間なしで高い補修レベルが得られます。

“トリートメントKPX”は、これまでのプレックス系トリートメントのデメリットである硬さやきしみ感を解消。ダメージをしっかり補修して、手触りや指通りよく仕上がります。

▲上に戻る

トリートメントはどんどん進化しています

指通りを良くする基本のトリートメントから、ダメージそのものを補修する機能へと進化しています。

<第1世代>指通りをよくするトリートメント(1960年頃~)

現代も良く使われているトリートメントの基本系。

カチオン系界面活性剤という成分を使用し、髪の毛同士の摩擦を抑えて指通りを良くします。

<第2世代>手触りとツヤが向上したシリコーン系トリートメント(1980年頃~)

サラサラの手触りとツヤ感を求め、ゴワつく髪の表面をシリコーンでしっかりコーティングしたトリートメントが急成長。

手触りだけでなく、外的ダメージからも髪を保護します。

<第3世代>髪の内部成分に着目した処理剤系トリートメント(1990年頃~)

カラーやパーマブームで、髪のダメージが深刻化してきた時代に登場。

髪の内側に着目し、ダメージで流出した毛髪の内部成分PPTなどを補充します。

<第4世代>複数のSTEPで定着を高めるシステムトリートメント(2000年頃~)

内部成分の補充からコーティングまで、じっくり丁寧に行うのがシステムトリートメント。

スチームや熱の力やタッピング技術を使うなど、複数のSTEPを時間をかけてじっくりと行い、トリートメント成分を内~外側まで定着させます。

▲上に戻る

髪のダメージを内部の骨組みから補修する第5世代トリートメント

第4世代までのトリートメントでは髪の内部のダメージホールを埋め、外側をコーティングして閉じ込めるというアプローチでした。

近年登場したグリオキシル酸やジカルボン酸などを含む第5世代トリートメントはダメージによって切れてしまった毛髪の結合を繋げ、髪のダメージを内部の骨組みから補修する機能があります。

第5世代トリートメントの主な種類

①酸熱トリートメント

グリオキシル酸などの酸成分が配合されたトリートメントです。熱の力(アイロン施術)で髪内部に成分を浸透させてダメージを補修します。

クセやうねりを改善する効果があり、ダメージが気になってストレートパーマが出来ない方への施術メニューとして注目されています。

しかし、アイロン施術の際に褪色するなどカラーへの影響が大きく、カラーと同時施術はできません。

②プレックス系トリートメント

ジカルボン酸の仲間であるマレイン酸、ジマレイン酸、リンゴ酸、コハク酸などが配合されたトリートメントです。

ブリーチ・カラーなどで髪内部にトリートメント成分が浸透しやすくなっている状態を利用し、施術しながらダメージを補修することができます。

ただ、従来のプレックス系トリートメントは髪に滑らかさを与える面で弱く、ダメージを補修することで髪にハリが出て、硬さを感じることがあることがデメリットでした。

▲上に戻る

トリートメントKPXはプレックス系のデメリットを解消!

“トリートメントKPX”の特長

活性ケラチン※1やジカルボン酸※2を配合したプレックス系トリートメント。

ダメージが気になる方へのブリーチ・カラー・ストレートやウェーブパーマのケアメニューをご提案いただけます。

髪の内部の結合を補修するだけでなく、髪と同質のケラチン成分を配合することで、硬さやきしみ感のない仕上がり。

ダメージ補修力と仕上がりのなめらかさを両立したプレックス系トリートメントです。

※1加水分解ケラチン(全て毛髪補修成分) ※2リンゴ酸・コハク酸(全てpH調整剤)

トリートメントKPXについて詳しくはコチラ

▲上に戻る

トリートメントKPXの仕上がり事例

事例①ケラチンプレックス カラー

毛先の手触りが気になるお客さま。寒色系カラーと併せてトリートメントKPXを使用

サロンさまの感想

毛先まで手触りが抜群に良くなりました!

発色を邪魔しないどころか、透明感がキレイに出て、思い通りにデザインできました!

事例②ケラチンプレックス ダブルカラー


仕上がりのトーンを少し上げたいのと、透明感とグレー感を強く出したい為にダブルカラーで施術。カラーを繰り返した状態というのもあり、ブリーチダメージを軽減するためにトリートメントKPXを使用しました。

サロンさまの感想

メニュートリートメントしたみたいな仕上がり、しかも簡単!

ダメージが改善され、ダブルカラーの色定着が抜群に良かったです。カラーの透明感はもちろん、ツヤと指通りも良く仕上がり、お客さまも大満足。サロンの信頼度があがる施術ができました。

その他の仕上がり事例はコチラをご覧ください!

▲上に戻る