HOME 使いこなし術 【レシピ紹介】イロリドを使ったミルクティー系レシピ
使いこなし術

【レシピ紹介】イロリドを使ったミルクティー系レシピ

透明感が魅力の「ミルクティー系レシピ」。お客さまから根強い人気がありますよね。

「低アルカリ」×「濃厚発色」のネイチャーディープカラーイロリドは、アンダーの色味をキレイにカバーし、髪への負担を軽減。ミルクティーカラーもキレイに表現できます。

ブリーチした方がミルクティー系の透明感や色味のやわらかさがキレイに表現できますが、なるべくダメージを抑えたいのでブリーチなしでの方法も知りたい!というご要望が多い内容ですので、今回はブリーチあり・なしの2パターンの方法をご紹介します。

パターン①:ブリーチありのダブルカラー(ミルクティーカラー)
メリット:透明感や色味のやわらかさがキレイに表現できる
デメリット:ブリーチによるダメージ

パターン②:ブリーチなしのワンメイクカラー(ミルクティーブラウン系のカラー)
メリット:髪への負担が少ない
デメリット:ブリーチオンカラーに比べると透明感が出にくい

INDEX

パターン①ブリーチありのダブルカラー

ブリーチは16~18Lvでミルクティーカラーのベースを整える

淡くやわらかい色味のミルクティー系カラーに仕上げるには、アンダーに赤味やオレンジ味が残らない16~18Lvまでブリーチすることが必要です。

ミルクティー系カラーの基本レシピ

ブリーチでベースを作った16~18Lvにミルクティー系の色を出すには、ミルクティー系のベースを作る色味(グレージュもしくはナチュラル)とアンダーカラーの黄味の補色(ブルーバイオレット)を使います。

ベース作り

基本レシピ

グレージュ+ブルーバイオレットでくすみ系、ナチュラル+ブルーバイオレットでまろやかなミルクティー系カラーをつくれます。

 

クリアで濃さ調整して淡さを出す

ミルクティー系のカラーにするには淡さがポイントになります。狙う仕上がりの明るさと、事前の明度によって、トリートメントティントのクリアで濃さ調整していただくと、淡く透明感のあるミルクティーカラーに仕上がります。

量の目安は、色味に使用した量全体の25%以下(色:クリア=3:1以下)を混ぜてください。

※事前の明度が十分な場合や、あまり淡く仕上げたくない時は混ぜなくても構いません。

モデル事例①ブリーチありのミルクティー系カラー鉄板レシピ

Before
10Lv→ブリーチ後16Lv

レシピ
(I-9BV:I-9Gr)+クリア=(1:1)+20%、2剤2%使用

20分放置

ポイント
16Lvまでブリーチ後、黄みを抑える補色のBV(ブルーバイオレット)と、まろやかなくすみ系の色味を加えるGr(グレージュ)をミックス。ミルクティー系らしく、淡さを出すためにクリアを20%加え、濃さ調整して、暗くなりすぎないようにしています。

モデル事例②ピンクを加えたアレンジレシピ

Before
16Lv

レシピ
(I-9N:I-9BV)+I-7P=(1:1)+15%、2剤2%使用、30分放置

ポイント
ピンク系を狙うため、くすみの少ないI-9N(ナチュラル):I-9BV(ブルーバイオレット)=1:1をベースに選択し、I-7Pで濃いピンクをプラスしました。

明度を抑えて色味を強調するため2剤は2%を使用し、色の深みを出すため30分放置しています。

パターン②ブリーチなしのワンメイクカラー

14Lv程度の髪ならブリーチなしでミルクティー系ブラウンのレシピが可能

アンダーが14Lv程度であれば、ブリーチなしでミルクティー系の色味に仕上げられます。ブリーチした髪と比べると明るさは足りないのでブラウン寄りの仕上がりになります。

以下の3点がポイントになります。

  1. I-13BVを活用して明るさを出す
  2. 髪質や仕上がりの希望に合わせて色味を選択
  3. 2剤の選定

ミルクティー系ブラウンの基本レシピ

①I-13BVを活用して明るさを出す

透明感を出しながら色味を入れる為、I-13BV(ブルーバイオレット)を軸にして、明るくしながら黄味を抑えます。

②髪質や仕上がりの希望に合わせて色味を選択

アンダーカラーの色(赤・橙・黄)の濃さ、髪の太さ、なりたいイメージによって、組み合わせる9Lvの色味を選択します。14Lvなので、ミルクティー系ブラウンの仕上がりになります。

 

③2剤の選定

仕上がりの透明感・明るさ・色の濃さによって、2剤を選択してください。
※下記表は例として③パープル系のミルクティーレシピで比較しました。

応用アレンジ

基本のレシピから少しアレンジを加えるとさらにバリエーションが広がります。仕上がりの希望によって、アレンジしてください。

  • <ナチュラル系、ベージュ系に仕上げたい場合>
    I-13BV→I-13N(ナチュラル)に変更
  • <明るくしたい場合>
    I-13BV:9Lv=1:1→3:1に変更
  • <落ち着かせたい場合>
    I-13BV→I-9BVに変更
  • <赤味を抑えて透明感を出したい場合>
    I-13BV→I-13Si(シルバー)に変更

モデル事例【ナチュラルなミルクティー系ブラウン】

Before
新生部2cm、既染部14Lv、髪質:軟毛(赤味が少ない)

レシピ
I-13N:I-9BV=1:1 、2剤2%使用、30分放置

ポイント
元々赤味が少ないBefore状態のため、I-13BV(ブルーバイオレット)ではなく、I-13N(ナチュラル)を選択して明るさを出し、そこにI-9BV(ブルーバイオレット)を加えてアンダーの黄味を抑えながら、色の深みと透明感のある仕上がりを狙いました。

トーンを落ち着かせながら、色味を表現するため2剤は2%を使用しています。

カラーシミュレーター

事前の髪の明るさを選択して、使用するカラーを選択すると、仕上がりの髪色が確認できるカラーシミュレーターをご用意いたしました。イロリドを使う前に前に、色味や仕上がりの傾向を掴む参考としてご活用ください。

今回ミルクティー系でご紹介した「I-9Gr+I-9BV」のミックスの仕上がりも、「1:1の比率」はカラーシミュレーターでも確認が可能です。事前の髪の明るさごとにも確認が可能ですので、是非ご活用ください。

【イロリド】事前に仕上がりをイメージできる!カラーシミュレーターのご案内