HOME 使いこなし術 【髪の水分量を守る!】オススメの乾燥ケア
使いこなし術

【髪の水分量を守る!】オススメの乾燥ケア

冬は肌だけでなく、髪も乾燥する季節。水分量が少ない髪はパサつきや広がりの原因になります。

髪の水分量を高める、簡単にできるホームケアをご紹介します。ぜひお客さまへのご案内の参考にしてください。

INDEX

湿度が低下すると髪の水分量も低下

冬場は屋外でも夏と比べると湿度は20%も低下!
暖房の効いた室内だともっと乾燥しています。

※出典:気象庁ホームページ、東京・2020年月ごとの値より作成

湿度が低下すると髪の水分量も低下。
水分量が少ない髪はパサつきや広がりの原因になります。お肌と同じく髪も乾燥ケアが大切です!

※未処理毛約1gを湿度60%および湿度20%下に1日放置し、加熱乾燥式水分計にて毛髪の水分量を測定(n=4)

▲上に戻る

髪の水分量を高めるホームケア提案

お風呂で蒸しタオルトリートメント。髪を内側から保湿

タオルを巻いてトリートメントをしっかり髪に浸透させることで保湿効果アップ!

方法

  • シャンプー後、タオルでかるく水気を取ります。
  • トリートメントを毛先を中心に塗布します。 
  • 目が粗いコームでといて、トリートメントを全体的になじませます。 
  • お湯で濡らしてしっかり絞ったタオルで、髪全体を包み込みます。 (シャワーキャップをさらにかぶれば、なお良し! )
  • 3分以上事前放置し、地肌中心にすすいで、終了です。 

蒸しタオルトリートメントのオススメアイテム

4種のケラチン成分※を配合し、パサつきが特に気になる時の集中ケアにオススメのトリートメントです。

※1・4・5加水分解ケラチン(全て毛髪補修成分) ※6イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)(毛髪補修成分)

髪を補強しながら施術できるプレックス系トリートメント『トリートメントKPX』について詳しくはコチラ

▲上に戻る

しっかりタオルドライでドライヤー時間を短縮

髪は濡れていると摩擦を受けやすいので、短時間でしっかり乾かすのが大切ですが、冬場は髪がなかなか乾かないと感じる方も多いですよね。濡れている髪もNGですが、ドライヤーを長時間あてるのもダメージ・乾燥の原因になります。吸水性の高いタオルで、しっかりタオルドライして、ドライヤー時間を短縮しましょう!

 

タオルドライ時のオススメアイテム

魔法の撚糸(スーパーZERO®)で創られたタオル。一度使ったら忘れられない驚きの吸収力。(吸水力が約54%アップ。)

▲上に戻る

アウトバストリートメントで内側の水分を逃がさない

オイルやミルクで髪の中間から毛先をしっかりコートして、髪の内部の水分を閉じ込めます。

アウトバストリートメントのオススメアイテム

ツヤ髪のためのアウトバストリートメント。表面をコートしてダメージから守ります。

硬毛~普通毛で髪をしなやかに整え、指どおりを高めたい時はオイル。

普通毛~軟毛で髪のうねりやクセを抑えて、自然なまとまり感を高めたい時はミルクをお使いください。

▲上に戻る